蜂の巣退治は冬が狙い目|蜂の性質を知れば安全に退治できる

自分で退治する方法

部屋

蜂は家屋の至るところに蜂の巣を作ります。特に夏の時期には蜂の巣が大量に見られます。蜂の巣退治を行なっている業者でも、この時期の依頼件数は多い傾向にあります。蜂の巣を自分で退治したい人は、蜂に刺されないように注意しましょう。蜂は猛毒を持っているため、アナフィラキシーショックを起こし死んでしまう危険性があります。そのため、素人は真似しないようにしましょう。蜂の巣を退治する際は、服装に注意する必要があります。蜂の攻撃性を煽らないためにも、白などの明るい色の服を着用し、肌の露出を控えましょう。黒髪に反応して攻撃してくることもあります。頭皮まで守る防蜂ネットをかぶることも大切です。また、蜂の巣を退治する際は、スプレーや長い棒を使って退治しましょう。

蜂の巣が窓付近にある場合は、室内から窓を少し開け、隙間からスプレーを散布します。蜂の巣から蜂が出てきたらすぐに窓を閉めます。しばらくして蜂がいなくなったら再度同じ方法でスプレーを吹き付けます。この繰り返しをすると蜂は巣からいなくなり、安心して退治することができます。長い棒を使って巣を叩き落としましょう。蜂がいるまま巣を叩くと攻撃されてしまうため危険です。また、蜂の種類によっては昼間巣から旅立つ習性を持っています。その他にも寒さに弱いため秋ごろから冬にかけて寿命を迎える種類の蜂もいます。蜂の巣を安全に退治したい人は、蜂の性質を正しく理解することも大切です。また、蜂の巣は業者に退治してもらう方法が最も安全策です。