蜂の巣退治は冬が狙い目|蜂の性質を知れば安全に退治できる

サイトリンク集

  • ハチ110番

    蜂の巣の退治を任せるなら迅速な対応を行なってくれる業者を選びたいと考えるでしょう。それならここがオススメとなっています。

業者に依頼すると安全

巣

日本では、年間30件ほど蜂による死亡事故が報告されています。自宅に発生した蜂の巣を自分で退治する際、蜂に刺されてしまいアナフィラキシーショックを起こしたのが原因です。そのため、蜂の巣を退治する際は、専門業者に依頼するほうが適切だといえます。とはいえ、15センチ未満の蜂の巣や、蜂が寿命を迎えてしまう冬は比較的安全に退治することができます。防護服の着用や注意事項を正しく守って退治すれば、素人でも安全に蜂の巣を取り除くことができるのです。しかし、安全のために二人以上で作業を行ないましょう。また、必要以上に攻撃をしてしまうと襲ってくることもあります。遠くから殺虫剤を用いて退治することが大切です。使用する殺虫剤もきちんと使い分ける必要があります。スズメバチやアシナガバチにはゴキブリやハエ用の殺虫剤も適用できますが、ミツバチには蜂専用の殺虫剤を使用する必要があります。蜂の巣から種類を見極めて正しい蜂の巣退治を行ないましょう。

蜂の巣を退治する際、最も安全な方法は業者に依頼することです。業者では蜂の巣退治に適した専用道具を使って退治してくれます。また、退治した後の蜂の巣や蜂の残骸などもしっかりと取り除いてくれるので安心です。さらに、ミツバチの駆除では、蜜蜂の巣を養蜂農家に引き取ってもらっています。そのため、ミツバチの巣を退治する際は比較的安い価格で依頼できます。スズメバチの巣を発見した際は業者に依頼したほうが適切です。スズメバチは最も強い猛毒を持っているためアナフィラキシーショックを起こし死に至りやすいのです。業者に依頼する際は、現地調査を依頼して見積もりを出してもらいましょう。いくつかの業者に見積もりを出して相談することも得策ですが、その間に刺されないようにスピーディーに判断することが大切です。サービス内容から気になる業者を見つけ、信頼できる業者に退治を依頼しましょう。